一人一人が自信と誇りを持てる表彰制度とは?
ホームユニーク表彰制度 突撃取材! > 一人一人が自信と誇りを持てる表彰制度とは?

一人一人が自信と誇りを持てる表彰制度とは?

[ 愛知・名古屋市 ]

株式会社ドリーム 大橋秀男 代表取締役社長

株式会社ドリーム 大橋秀男 代表取締役社長

現在、取り組んでおられる表彰制度についてお聞かせください。

大橋:大きな取り組みで言えば、毎年、期の初めに行う「経営計画発表会」で年間MVPを表彰しています。年によって内容は変わるのですが、必ず設けているのが1年で最も会社に貢献した社員を役員が表彰する「年間MVP賞」。そしてもうひとつは、社員が決める「皆で選ぶMVP賞」です。

23期ではこのほかに、20年勤続表彰、10年勤続表彰、5年勤続表彰、チームでよく頑張ったで賞、年間テーマ頭出せ賞、積小為大賞、学習し変化成長したで賞、多面評価総合得点第1位賞など、全部で13賞、19名を表彰しました。会社が大切にしたい価値観を社員に伝えるため、賞にして表彰しています。

また、毎月行っている表彰としては、「温かな消費大賞」という表彰があります。これは「サンクスカード」を一番多くもらった人を表彰するものです。カードに“ありがとう”の気持ちを伝えたい社員の名前とメッセージを書いて各フロアに置いてあるボックスにカードを入れるのですが、月に一度、集計をしています。

表彰のときには、受賞者の名前を記したトロフィーと副賞を渡しています。受賞した1ヶ月間はトロフィーを自分のデスクに飾ることができます。

日頃の自分の仕事が、いかに多くの方や社員に喜んでもらえたかを実感できるということが、励みになると思っています。売上や結果の数字だけを評価し表彰するのではなく、普段、日の目が当たらない部署でも頑張っている人にはスポットライトを当てたいと思って始めました。

「温かな消費大賞」はどのような経緯で導入をされたのですか?

大橋:弊社の経営理念は、「使用者の声、作り手の思いが反映された温かな消費を創造する」です。会社というのは、お客様に求められてナンボという存在ですから、人の役に立つことが重要だと思っています。

創業の原点は「我、いったいなんぼのもんじゃい」という思いからです。自分の存在意義を追求し、自分はいったい何ができるのだろうかを問いかけ、自身の潜在能力を開花させるために起業しました。ただ、組織が大きくなってくると、それだけではいけないと思うようになりました。

人間の成長は、自己の限界に挑戦し、不可能を可能とするために完全燃焼することによって得られると考えています。そして、その挑戦は、商品やサービスを通してお客様に最高の満足を与えて、最大の信頼を得られたときに、最高の喜びを感じられます。モノを単なるモノとして提供するのではなく、様々な思いと一緒に提供していくことが“温かな消費”につながります。

それから、社風として「学習する組織」を作りたいと思っています。この変化の多い世の中では、強いものが生き残るのではなく、環境の変化に適応できる者だけが生き残ると思っています。人は努力によって、できなかったことができた時に嬉しいと思うように作られています。

環境と努力によって潜在能力を開花させたときに、生きていてよかったと思えるのです。社員には、掃除のような地味なことでも、謙虚な心で全力で取り組み、人の役に立つことに喜びを感じてほしいと思います。

大橋社長が考える自己実現について、もう少し具体的にお聞かせください。

大橋:1万人のうち5,000人が欲しいと思うものよりも、1万人のうち1人でも2人でも欲しいと思う人の欲求を満たせるような、規模は小さくても強く支持される会社にしていきたい。その実現には、一人一人が自信と誇りを持って働けることが重要です。

私は、人がいちばん力を発揮できるのは“意味と価値”を感じるときだと思っています。今、やっていることにどんな意味があるのか、どんな価値があるのかということを理解することで、人は力を発揮することができるのです。

大事なことは、自分の仕事を誇らしいと思えるような仕事にしていくことです。元々、誇らしい仕事があるわけではなく、社員が力を合わせて誇らしい仕事、誇らしい会社にしていくことが重要です。それが自己作りであり、また会社作りに繋がっているのだと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

■COMPANY
株式会社ドリーム
美容健康アイテムを中心に、独自性の高いオリジナル製品の企画卸販売を行う。2012年からは、スペシャリストとの共同開発ブランド「プロイデア」、大学・研究機関と共同で“骨盤を科学する”本格的な骨盤コンセプトブランド「ラボネッツ」のほか、スペシャリストをプロデュースする「専門家プロダクション」事業を展開。

■PEOPLE
大橋秀男
株式会社ドリーム 代表取締役社長。1962年、愛知県生まれ。小学校4年生でサッカーの顧問である恩師と出逢い、サッカーに打ち込むようになる。その後、1人で世界放浪の旅に出発。通販会社勤務を経て、1990年6月15日、28歳で株式会社ドリームを起業。

株式会社ドリームのHPへ

全国版 企業表彰NAVI
資料請求
無料メルマガ
- 連絡先 -
〒453-0045
愛知県名古屋市中村区藤江町2-31-2
TEL:052-485-9222